top of page

スタッフ紹介🐾

更新日:2020年9月8日

はじめまして!


犬の教室 WanChoice! の 

河端あずさ です♪


小学生の時から犬と暮らし始め、今まで8頭の犬達と家族としてすごしました。

(ビーグル2頭・Mシュナウザー2頭・中型MIX2頭・Tプードル・コーギー)




~なぜ犬の仕事に就こうと思ったのか?~


小学生時代、海外の犬の殺処分についてのTV番組を見たことで興味をもち、

子供ながらに考え、とても単純ですが・・


トリマーになって犬達をピカピカ綺麗にし殺処分を減らすことが出来ればと、

トリマーの専門学校に進学し資格を取得しました。




~実際に働く中で感じたこと~


その後、動物愛護センターや動物管理センターで働く中で、

犬の殺処分は、

飼主さんの意識や犬達の問題行動(犬達が問題なのではなく、飼主さんにとって犬にしてほしくないとされる行動)と大きく結びついていることを実感し、

犬に対する正しい知識を身に着けること、犬のしつけを行うことが重要だと思い、

犬のしつけの勉強を始めました。


勉強をしていく中で、私自身まだまだ勉強不足だったこと、犬達の立場に立ったトレーニングの大切さに気付いていきました。

(犬達の立場に立ったトレーニングとは、叱ったり体罰を使うことではなく、犬達に楽しんでもらいながら人側の望む行動を増やしていくトレーニングです。)




~なぜ、犬の教室 WanChoice! を始めたのか?~


犬達を脅したり怖がらせたりすることなくトレーニングすることで、

犬達を本当の意味で大切にすること、犬と人はフェアな関係であるべきだということが浸透し、当たり前に犬の命を大切にすることに繋がっていくのではないかと考えています。

(欲を言えば、犬以外の動物や植物など全ての命も大切に感じてほしいな...)


ただ、飼主さんだって、いつ何が起こるか分かりません。。。

大事に思っていても、やむおえず手放さなければならないこともあるかもしれません。


そうならないために、

・最期まで飼育できるか考えること

      (金銭・体力・年齢・時間)


万が一飼えなくなった時のために、

・代わりに飼ってもらえる人を

探しておくこと

・愛犬が新しい家庭で快適にすごせるよう

 社会化やトレーニングを行っておくこと


災害が起こった時のために、

・安全な場所に避難できる頭数・

          サイズか考えること



なども、当たり前になるように、

犬の教室 WanChoice!を通じて 広めていければと考えています。




こんな、

熱くて固い感じになってしまいましたが...


私自身、ゆる~っとした印象を持たれることもよくありますので、お気軽に接していただけるかと思います^^


小さなことでも、お気軽にお問合せ下さいね♬


閲覧数:203回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page